2012年02月28日

妊娠中は便秘になりやすいんです

妊娠中が便秘になり易いなんて知らなかったという女性も
多いのではないでしょうか?

便秘薬は刺激が強すぎて流産を招きかねないので
あまり使用したくないものですが、
普段のサイクルが便秘⇒薬⇒下痢⇒便秘⇒薬・・・
という女性の場合は妊娠前からその体質を改善したいものです。

便秘の一番の理由は出そうな時に我慢をすることで
出にくくなるということです。
しやすい場所、時間で出せるように身体のリズムを
作って行く事は可能です。

毎日の軽い運動、食事の取り方がポイントといえます。
運動で最も簡単で効果があるのがお腹を使った呼吸方法です。
「ふっ、ふっ、ふっ」とお腹を凹ませながら息を出す。
これだけです。電車の待ち時間でも、オフィスでパソコンを
使いながらでも5秒、10秒は出来るはずです。
これを日に数回やるだけで変わってきます。腸が刺激されるのでしょう。

食事はなるべく決まった時間に食べるようにします。
特に朝は外出の1時間前には起床し、起床後に
掃除など身体を動かす習慣をつけてその後
1杯の野菜ジュースや果物を取るようにするのが理想です。
これを続けると外出前に自然にトイレに行きたくなってきます。

もちろん妊娠してからでもこの方法は有効ですので
試してみて下さい。

posted by 妊娠中 便秘薬 at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

妊娠中でも便秘薬飲んでもいい?(便秘予防の食事を)

便秘薬というのは結構刺激が強いので
基本的におススメはできないものです。

普段は便秘とは無縁の女性でも妊娠中は便秘に
なり易いもので腸が子宮に押されたり、胃腸の動きがにぶくなったりと
体の仕組みでそうなっているのである程度は
仕方のない事かもしれませんが、
便秘になりにくい食事、便秘を解消する食事を意識してみましょう。

揚げ物や油分の多いケーキなどは少し減らして
お芋、野菜、ひじき、わかめなどの海藻、リンゴやバナナみかんなど
繊維質の多いものを摂るようにしましょう。

お茶、野菜スープなどで水分補給もしっかりとおこないましょう。
便は硬くなると余計に出づらくなるのたとえ少量でも出す様に
こころがけましょう。

私自身も妊娠後期に2週間ほど便が出なくて気持ち悪くなった
経験がありますが、出産後1時間ほど経ってからトイレで出た
便を見るとウサギのウンチのような小さいく、
色々な形に潰れたものがザーとでてきました。
前後に体重を測ったらなんと2kg近くありました。

普段は便秘知らずの私が唯一苦しんだ便秘の
記憶です。病院で先生に相談して頂いた薬は
当たり前ですが刺激が弱いものであまり効かなかったようです。

私自身は安静にしないと駄目だったため余計にそうなったようですが
健康な妊婦さんであれば適度に体を動かす事も
便秘予防につながります。
posted by 妊娠中 便秘薬 at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

妊娠中でも便秘薬飲んでもいい?

普段から便秘で悩む女性は多いですが困るのが妊娠中です。
また、普段はそんなことがない人でもホルモンのバランスが
変わり腸の働きが鈍くなりますし、赤ちゃんの成長に伴って
子宮が大きくなることで腸が圧迫されますので
便秘になりやすいんですよね。

できるなら薬を飲まずに便秘を解消したいものです。
まず、薬に頼る前にできる事を実践してみましょう。

妊娠中は胃や腸の動きが鈍くなりますので、
唐揚げ、てんぷら、ケーキなど油を多くむものは
控えめが良いでしょう。

また、海藻や野菜を多く使った典型的な和食は
便秘予防にもなります。
フルーツも良いですし、水分(糖分は控えて)の
補給もいつも以上に意識しましょう。
乳酸菌を含んだ飲み物もおススメです。

体調が良ければ適度に体を動かす様にし、
ゴロゴロし過ぎないように意識しましょう。

排便が無いからといって、いきみ過ぎるのは禁物です。
流産や早産を招く危険があるからです。

妊娠中の便秘薬の服用は医師によっても意見がわかれるところです。
そして、妊娠後期の便秘の場合は子宮で腸が圧迫されていると
浣腸などをしてもあまり出ないこともあります。

なるべく薬に頼らずにやってみて、どうしても駄目なら
産婦人科の先生に相談しましょう。
posted by 妊娠中 便秘薬 at 14:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。